サポート詐欺 手口や仕組み偽警告画面の消し方

最近、サポート詐欺の画面相談や被害相談が多くなっています。

サポート詐欺とは

サポート詐欺とは、マルウェアの感染やハッキングなどの不安を煽り、詐欺サポートへ連絡させてプリペイドカードやクレジットカードで高額な金額を詐欺する犯罪行為です。

手口

サポート詐欺はWebサイトに虚偽の警告メッセージを仕掛けて行われています・・・現在は単なる表示だけで、ウイルス等は仕掛けられていないです。

サポート詐欺で使われる警告メッセージへは、Webサイトの広告にほぼ仕込まれています。有料のウイルス対策ソフトなどでは詐欺警告を表示しますが、100%ではありません。サイトは次々と新しくなるため、すぐには対応されない場合があります。

消し方

表示されている画面(警告音がけたたましくなっている場合がありますが、落ち着いて)で、[Ctrl]キーと[Alt]キーを押した状態で、[Delete]キーを押してください。

タスクマネージャーが表示されますので、そこをクリックしてください。アプリの中にWebにアクセスしているソフト(Microsoft EdgeやGoogle Chromeなど)がありますので、右クリックしてタスクの終了をクリックすると表示は消えます。


対策

よく右下に出てくる通知があります。これはブラウザで特定のサイトを開いたときにポップアップで通知を許可しますかでハイにした場合、サイトからの通知が表示されてしましますので、edgeの場合は、右上の…をクリックして設定を開きます。Cookieとサイトのアクセス許可を開き、すべてのサイトを開き、不要なサイトはアクセス許可のリセットを行います。(サイトごとに設定できます)

もう一つは、Web閲覧中の広告から誘導されるケースです。ブラウザの拡張機能に広告をブロックする設定をおすすめします。
uBlock Origin という拡張機能が現在おすすめします(ただし自己責任でお願いします)

お使いのブラウザソフト(Edge・GoogleClome・Firefox)から

https://ublockorigin.com/jp

から拡張機能を追加できます。拡張機能をピン止めするとブロックした数が表示されます。かなりたくさん出ていると思います。

これらの方法で広告からの誘導をなくすことができると思います。(ただし、100%ではありませんので、クリック前に行き先のアドレス確認などは忘れずに。)


 




バッファロー製無線LANルーターでボット感染急増、NICTが発表

情報通信研究機構(NICT)は2024年5月21日、NICTのサイバーセキュリティ研究室 解析チームのX(旧Twitter)公式アカウント「NICTER解析チーム」で、2024年5月20日からバッファロー製無線LANルーターのボット感染が増加していると発表した。50ホスト以上の感染を観測したとする。

 感染が目立つのは「WSR-1166DHP」シリーズで、感染経路は特定できていない。NICTの久保正樹サイバーセキュリティ研究所サイバーセキュリティネクサス上席研究技術員は「感染したルーターはDDoS攻撃の踏み台として攻撃者に悪用されると考えられる。感染するとスキャンパケットを外部に送信し、感染を広げる可能性がある」と指摘する。NICTは利用者にファームウエアのアップデートや、管理画面の公開設定の見直しを呼びかけている。

 バッファローはNICTが発表した事象について、2024年5月21日午後6時40分時点で「状況を把握できていない。利用者に対して何らかの情報発信をするかは検討中」(バッファロー広報)としている。

該当の製品を使用中の方は、ファームウエアを最新の状態にして、Buffaloサイトからの発信を注意していてください




Windows バックアップを有効にする・バックアップオプションを選択する準備ができましたか の表示




充電式バイブレータからマルウェア検出、USB充電デバイスに注意